出雲駅伝(救護班) 救命ボランティア

出雲駅伝救護班救命ボランティア

10月14日、当協会救命ボランティア員8名が各中継場所で救護活動を行いました。
前回は暑さによる体調不良者が多数出たことから、走りを終えた選手全員に医師がメディカルチェックを行うこととなり、そのサポートや体調不良者の対応にあたりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP