令和2年度寄贈事業レスキューベンチを寄贈しました

このたび、今年度計画しておりました寄贈事業のレスキューベンチの贈呈を行いました。
贈呈先は、次の3会員事業所です。
選考は、今年度は開催中止となりました消火競技大会へのこれまでの実績や日頃の防火防災への取り組みが優れている会員を第3回幹事会で決定しました。

このレスキューベンチは普段はベンチとして、緊急時には座面を取り外して担架となります。
いざという時に活用していただけると幸いです。

贈呈先 ヒカワ精工株式会社 様
    JAしまね ラピタ本店 様
    県立平田高等学校 様

寄贈先(案)と選定について

ヒカワ精工株式会社

今まで開催された消火競技大会において毎回出場され、かつ2チーム出場されている。大変熱心な練習を積み重ねられた結果、成績は常に上位入賞を収められている。また、当協会が会員へ参加を促している、県消防学校主催の自衛消防隊教育訓練に毎年参加をされ、防火防災へ積極的な取り組みをされている。

JAしまねラピタ本店

今まで開催された消火競技大会において毎回出場され、男女2チームが出場されている。男女ともに好成績を挙げておられ、普段からの防火に対する取り組みの成果と推察される。店舗は多数の来客があり、寄贈の品は普段に、また緊急時にと活用していただける。

県立平田高等学校

JRC部員には、令和元年5月30日平田地区会員対象の防災講習の講演や、令和2年12月4日幹事対象の防災講習会を実施した際に講習を行っていただいた。部員が行っておられる様々な活動の中でも防災に関するものが活発で、受講された参加者から大変好評をいただいた。寄贈の品は、部員の今後の活動にも役立てていただける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP