旧規格消火器は、令和3年(2021)12月31日までに交換が必要です。

古くなった消火器は、いざという時に使えなかったり、そのまま放置していると、事故につながる場合があります。

消防法令に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等で、2011年1月1日の規格省令改正により既に型式が失効している消火器を継続的に設置できるのは2021年12月31日までです。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器の設置は認められませんので、計画的な交換・リサイクルをお願いいたします。

 なお、製造年が2012年以降のものは旧規格消火器ではありません。製造年が2011年以前のものが対象となります。

 定期的に点検している場合は、点検業者に確認を取るか、添付の資料を参考にご確認ください。

詳しくは、消火器リサイクル推進センターのホームページをご覧ください。

消火器推進リサイクルセンターHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP